11月29日(火)  NHK総合テレビ「あさイチ」で速読特集やります。

速読は、人生の時間をふやしてくれる。仕事に、テストに役立つ。速読力を身につけよう。

  • POINT01 読書が好きになる!読書量UP
  • POINT02 仕事の効率がUP!処理能力・理解力・集中力UP
  • POINT03 テスト・試験に役立つ!合格率UP

インターネットでの無料体験・資料請求・お問い合わせ
資料請求・お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせ
0120-499-882 平日:10:00~18:15 / 11月29日のみ 8:00~18:15  ※携帯・PHSからもご利用になれます。

日本速脳速読協会の速読とは?

  • 1.読書が好きになる!

    多くの文章に触れるので、自然と文字に対する抵抗がなくなります。また、速度が上がるほど多くの本を読むことができるので、読解力向上にもつながります。

  • 2.仕事の効率がUP!

    資料や議事録などの活字情報の処理スピードが上がり、仕事の効率化が図れます。また、想像力や感性を豊かにする右脳を鍛えることで、ユニークな発想やアイデアがどんどん沸くようになります。

  • 3.テスト・試験に役立つ!

    中学校では2012年度から新指導要領が導入され、教科書のページ数が増え、これまで以上に高い処理能力が必要になります。膨大な量の参考書を読む必要のある資格試験の学習にも役立ちます。


このページの先頭へ

あなたの読書速度はどのくらい?




読書速度の目安

  • 標準 400文字~600文字/分 一般的に人が読む速さ
  • 早い 1200文字/分以上 最難関大学や司法試験に合格する人の早さ
  • とても早い 3000文字/分以上 様々シーンに適応できるエキスパートレベル
インターネットでの無料体験・資料請求・お問い合わせ
資料請求・お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせ
0120-499-882 平日:10:00~18:15 / 11月29日のみ 8:00~18:15  ※携帯・PHSからもご利用になれます。

このページの先頭へ

メディア掲載

全国47都道府県、1,000教室以上、生徒数 約2万名の実績!

「とくダネ!」「日本経済新聞」をはじめ、各種メディアで紹介されました!

※音声が出ます。ご注意ください。

me_004 me_005

プレジデントファミリークラブは、雑誌「プレジデントFamily」の公認サイトです。 中学・高校受験はもちろん日々の子育てに役立つ、本誌に収まりきらない豊富な情報が「映像」にてわかりやすく紹介されています。 サイト内では『頭を元気にする』コーナーで速読が紹介されています。

me_006
  • 日本経済新聞 所さんの目がテン! プレジデントFamily
  • とくダネ! 週刊SPA シャキーン!ザ・ナイト
  • 週刊SPA やじうまサタデー シャキーン!

このページの先頭へ

著名人からのメッセージ

菊池 桃子さん 女優
菊池 桃子さん 女優

5年前に長男が教室に通い始めた「速読」。学習の効果は比較的すぐにあらわれて、「子供の頭は柔らかいなー」と驚きました。また級や段に挑戦して取得することで自信をつけた長男は、他の学習にも前向きな姿勢を見せるようになり母親としては大変嬉しいことでした。さらに驚いたのは、家庭用に購入した教材で私もトレーニングをしてみたところ、私まで読書スピードが速くなり、年齢に関係なく力が身につくことを実感したことでした。読書スピードが速くなると本を読むのが苦にはならず、今の私の趣味は?と聞かれれば「読書」と即答します。週に3冊の読書は、私の心に栄養を与えてくれています。速読は子供にも大人にも効果的なのだと思いました。

【菊池桃子さんプロフィール】
1968年5月4日東京都生まれ。84年映画「パンツの穴」でデビュー。 「青春のいじわる」でレコードデビュー。女優としてドラマ・CMを中心に活躍中。現在、【TV】EX系「人生の楽園」楽園の案内人としてナレーションを担当。【RADIO】文化放送「菊池桃子のライオンミュージックサタデー」パーソナリティー。また、婦人雑貨「Emom(エマム)」「Momokoselection」のブランドアドバイザーを務めている。
澤口 俊之氏 元北海道大学医学研究科教授、人間性脳科学研究所所長
澤口 俊之氏 元北海道大学医学研究科教授、人間性脳科学研究所所長

速読によって色々な脳機能を向上させることができます。まず、視野が広くなり、眼の動きがスムーズになります。これに伴って「注意の視野」が広がります。 注意の視野が広がれば、スポーツやクルマの運転が上手くなりますし、危険回避能力も高まります。もっと注目すべきなのは、ワーキングメモリの速度が上がる、という点です。ワーキングメモリは思考や推論、計画、決断などの多様な高次脳機能の最重要な基礎です。このワーキングメモリが速くなることで、思考や 決断も速くなり得ます。速読中の脳の活動をみても、注意やワーキングメモリに深く関わる前頭前野が左右共にとても活性化します。前頭前野はこれらの機能以 外にも、勉学や仕事などに重要な諸機能に関わります。速読がそうした前頭前野機能を広範に高めることは明らかです。さらに、前頭前野の働きは20歳を過ぎると加齢と共に下がりますから、速読が脳の老化を防止する可能性もあり、この点からも速読は大きな意味をもつと言えます。


このページの先頭へ

体験者の声

  • 中学生 舟橋さん
    定期テストでは問題に費やす時間が増えた!
  • 小学生 岩藤さん
    本を読むのが好きになった!
  • 社会人 長山さん
    公認会計士・中小企業診断士合格!
  • 社会人 太田さん
    速読のおかげで、仕事の効率が良くなりました。

インターネットでの無料体験・資料請求・お問い合わせ
資料請求・お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせ
0120-499-882 平日:10:00~18:15 / 11月29日のみ 8:00~18:15  ※携帯・PHSからもご利用になれます。

このページの先頭へ